7月28日の日記


7月28日(水)

この日は朝9時から公民館に出勤し、その後、すぐに村に戻り、津倉さんのトマトの出荷のお手伝いをしました。

トマト出荷が終了したら車で市内まで行って色々と用事を済ませました。

(実行委員会の郵送物を送ったり備品を購入したり、分校の図面を取りに行く等)

その後、15時から飛渡地区地域振興会の方達と小貫四十日林道の整備のための下見に行きました。

この林道は六日町の方とつながっているのですが、丁度六日町との境の所に石碑があって、そこを境に六日町側はアスファルトで舗装されております。

十日町側は砂利道の部分やコンクリート舗装された部分が交互にあるという形でした。

この林道の整備について今度8月6日の夕方19時30分から打ち合わせがあるので、そのための事前下見でした。

写真を撮ろうと思ったのですが、丁度携帯の電池が切れてしまったため、写真が撮れませんでした。

戻ってきてからは分校改修のための復興基金の申請についての準備をしました。

29日の午前中に外部人材の長谷川さん、実行委員会代表の浩史さんと一緒に市役所に行く事になりました。

その後、18時16分から先日テレビ新潟から取材された映像がニュースで流れるという事で坂之上さんのお宅にビデオを撮りに行きました。(うちのテレビではテレビ新潟が映りません・・・)

特集という事で「地域おこし協力隊」が3名取材されて放映されていました。

(実際は十日町市には15名の地域おこし協力隊が配置されております。)

3名の地区はそれぞれ松代、松之山、十日町でした。

別の地域の地域おこし協力隊の方とは定期的に情報共有の打ち合わせはしていますが、こうやって地域で仕事をしているところを見るのは初めてだったので新鮮でした。

ナレーションでは今回取材された3名の方は皆共通してこういってましたとありました。

「若い人が住めるような仕組みを作りたい」

是非他の地域の地域おこし協力隊の方達や地元の方達と一緒に今後ますます若い人がこういう地域に住めるような仕組み作りをしていきたいと思います。

1日の終わりは19時30分からあわせおけさ保存会の練習でしたがこれは別の記事に残したいと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)