10月31日薪ストーブ準備


この日は薪ストーブの薪の準備をし、薪ストーブの後の壁を完成させました。

分校では籾山さんが壁の塗装作業を行い、

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

私もその作業をしようとしたのですが、大工の久さんが

「この丸ノコで廃材を切って薪にしたらいい」

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

とおっしゃって下さったので、お言葉に甘えて自分の家の薪ストーブ用の薪の準備をしました。

分校の廃材です。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

これを丸ノコで薪の長さに切りそろえます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

この廃材は乾いていて燃えやすいそうです。

切った薪は軽トラの荷台に積み込んで家まで運びます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

持ってきた薪は家の壁に積み重ねます。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

暗くなってからは薪ストーブの後ろの壁を完成させる作業をしました。

石膏ボードに専用の接着剤で薄いレンガを貼り付けていましたが、その隙間にモルタルを入れます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

このモルタルに水を混ぜると、右の写真のようにコンクリートみたいになります。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ 渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

このモルタルをレンガの隙間に入れていきます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

19時45分ごろから作業を始め、終わったのは何と夜中の2時ぐらいでした・・・
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

しかし、ともかくここまでできたらあとは煙突をつけるだけです。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)