11月7日村おこしボランティア(収穫祭)3日目


この日は村おこしボランティア3日目で、前日の収穫祭の片づけが行われました。

まずは皆で体育館で朝食をとりました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

その後片づけです。

やはり人数が多いのでかなりはかどりました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

片づけも一段落したところで、火を囲んでまったりしている一団もいました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  

残飯は生き残ったアイガモがおいしそうに食べました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

片づけが終わると、修了式が行われました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

ここで、参加者の方から感想を頂きました。

私が個人的に嬉しかった感想としては以下の感想がありました。

「また2週間後の村おこしボランティアにも来たいと思います。」

「アイガモの解体で学びが大きかった。命を頂くという事を実感した。これからは食事を大切にします。」

「あわせおけさがすごく良かった。自分もあわせおけさ保存会に入りたい。」

あわせおけさ保存会に関しては映像データをYou Tubeにアップする約束をしました。

(まだ現時点では手がつけられておらず、申し訳ありません。近日中にアップしたいと思います。)

最後は皆さん、別れを惜しんでいました。

再開を期して握手する人達もいました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

楽しく、かつ色んな意味で(準備が大変だった事も含め)心に残る収穫祭でした。

この日は、夜に読売新聞のY山さんが差し入れを持ってきて下さいました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

この差し入れを皆で楽しみました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

収穫祭の打ち上げみたいな感じになりました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)