12月6日薪切りと屋根修繕と大豆叩き


この日は晴れていたので色々野外で作業をしました。

朝は復興基金担当の市役所農林課のYなぎさんが池谷分校にお越しになり、見学をされました。

その後、公民館に行き、戻ってきてからは薪を切りました。

薪は早く切ってしまわないと雪が積もったら大変ですので急がなければなりません。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

今日は一日薪切りに精を出そうとしていたのですが、途中で橋場さんから

「これから牛小屋の屋根を直すぞ」

と言われ、牛小屋の屋根の修繕を行いました。

【修繕前】

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

【修繕作業中】
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

【修繕後】
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

この後、薪切りが出来るかと思いきや、橋場さんより

「今日みたいな天気のいい日に豆を叩かないと、また天気が悪くなると湿気てしまってだめだ」

とのお言葉があり、豆たたきをする事になりました。

朝広げて乾かしておいた豆がらを

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

棒で叩きます。

すると、豆がらが弾けて豆がらの中に残っていた豆が出てきます。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

とにかく叩きます。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ 渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

と、この作業の途中で私は家庭教師の時間がやってきたため、作業を抜けました。

しかし、家庭教師先に行ってみると、何と生徒さんが学校で補習のためまだ帰ってきていないという事でした。

なので、また戻ってきて作業の手伝いをしました。

(戻ってきた時には暗くなっていたので、もう片づけるところでしたが・・・)

雪の季節を前にして、晴れの日は貴重なので色々作業が出来たのは良かったです。

ただ、自宅の薪切りがなんやかんやで遅々として進まないのが心配です・・・

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)