4月17日(土)アクシデント!!!!九死に一生を得る


4月17日(土)

この日は4月17~18日で開催されたアースデイ東京に出店するため、籾山さんのバンを借りてお米を積んで家族3人で東京に向かいました。

深夜に出発しました。

丁度この直前にスタッドレスタイヤから普通のタイヤに交換したところでした。

天気予報ではこの時期には珍しく雪が降るという予報がありましたが、出発する時には池谷集落でも雪がなかったので、そのままのタイヤで出発しました。

順調に進み、高速道路にも乗ったのですが、途中からチェーン規制がかけられており、高速道路を降りざるを得なくなりました。

仕方がないので、下道で東京まで向かおうと、三国峠を越えるルートで行く事にしました。

すると、だんだん雪が降ってきて道にも雪が積もってきました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ-359

恐ろしくなったのでかなりゆっくり時速30キロ未満で走行していました。

そして、数時間経ち、明け方5時頃に恐怖の出来事が発生しました。

ゆっくり走行していたのですが、下り坂であったため少し速度が上がってしまいました。その時、ハンドルがとられたのであわててブレーキを踏みました。

すると、車が加速しハンドルも全く効かなくなり、左前方の山肌に衝突しました。
その後、反対方向に跳ね返り、反対車線に飛び出しました。
反対車線のガードレールにぶつかり、さらにまた逆方向に滑っていきました。

(ガードレールもぎりぎりでちょっと手前にずれていたらガードレールにぶつからず、飛び出していたかもしれませんでした。)

結局次にぶつかった時に車は止まったのですが、もはや自走不可能な状態になってしまいました。

図にすると以下のような感じで滑って行きました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

車はこんな状態になりました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ-360

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ-361

こんな状態になってしまったので、早朝から籾山さんに電話をかけ、状況を連絡しました。

結局この後、地域おこし実行委員会代表の浩史さんが車で迎えに来て下さり、浩史さんの車にお米等の荷物も積み込みアースディ東京には少し遅刻して到着出来ました。

対向車が来ていたら一家全滅になっていてもおかしくありませんでした。

幸いこの時は誰もかすり傷一つなかったのでそれだけは不幸中の幸いでした。

このアクシデントの後、しばらくの間息子は思い出すたびに、

「対向車が危ない、危ない、ドン、ドン、ドーン」

と思い出したかのように言うようになりました。

息子にとってはかなり衝撃的な出来事になったと思います。

車を廃車にしてしまい、籾山さんには大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

また、浩史さんにも遠いところ朝早くから救援に来ていただきこれまたご迷惑をおかけしてしまいました。

また、池谷集落での活動を応援して下さっている方にはご心配をおかけしてしまいました。

事故から半年以上経ったこともあり、このブログは日々の記録を残すために書いていますので、このアクシデントもブログに残す事にいたしました。

また雪の降る季節になってきました。
今後は雪道での運転についてタイヤのチェック等、整備の面でも注意し、また安全運転を心掛けたいと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)