12月28日雪下ろし中屋根から落ち、奥さんの実家へ


ようやくブログが現在に追いつきました。

今日(日付は変わって昨日ですが)は朝から屋根の雪下ろしをしました。

今日も晴れていたので、作業ははかどりました。

今日は12時の電車で奥さんの実家に帰る予定でしたので、完全には雪下ろしは終わらなかったのですが、時間になったので切り上げて終わろうと思い、屋根から降りようとしました。

すると、梯子のすぐ近くまで来たところで屋根から足を滑らせてしまいました。

「うわっ!」

と思ったその瞬間、屋根から下まで落ちてしまいました。

ちなみにこの家の一番てっぺんの屋根から落ちましたので、高さは4~5メートルぐらいのところから落ちた事になると思います。

昔、酔っぱらって居酒屋の2階の窓から飛び降りて足のつま先が痛くなった事がありましたが、その時より高いところから落ちた事になります。

(家の写真は5月の写真です)

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

一瞬の出来事で足を複雑骨折してしまい、大惨事になるかと思ったのですが、

奇跡的に全くの無傷で済みました。

うちの奥さんはその時実家への帰省の支度をしていたのですが、私の叫び声の後、

「ドーン」

と物が落ちる音が聞こえてきたので

「何が落ちたのかと思ったらまさか本人が落ちたとは」

と言ってました。

その後、予定通り奥さんの実家へ帰省しました。

北陸から大阪、そして兵庫県の尼崎へ向かう長旅でした。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

途中、待合室でおにぎりを食べる息子

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

やはり、尼崎に来てみると、十日町に比べて暖かいと感じました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)