2月4日豆腐作り


この日は午前中に、夜から6日まで開催されるスノーバスターズ&雪かき道場の交流会で出す豆腐を橋場さんのお宅で教えて頂きながら作りました。

まずは一晩水につけて膨らんだ大豆を洗います。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

そして、洗った大豆と水を1対1ぐらいの分量でミキサーに入れて、かき混ぜます。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

そしてミキサーの中身を鍋に入れます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

鍋に入れた後は温めます。

底が焦げやすいので、焦げないようにヘラでかき混ぜます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

沸騰したら鍋の中身を別の器に移し替えます。

移し替える時には手ぬぐいでおからと豆乳に分けるためにこすので、手ぬぐいで作った袋の中に入れます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

ある程度のところで手ぬぐいで作った袋を取り出し、
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

しっかりと絞りとります。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

これで豆乳とおからに分かれました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

この豆乳が甘くてとてもおいしかったです。

あまりにおいしかったので何杯も飲んでいたら奥さんより

「豆腐作る分がなくなるからこれ以上飲むな」

と言われてしまう程おいしかったです。

この後は豆乳の方ににがりを入れます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

にがりを入れてしばらくすると、固まり始めてきました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

ある程度固まると、おぼろ豆腐になります。

これを味見させていただきました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

このままでも十分おいしいですが、豆腐にするためには形を整えて固める必要があります。
固めるために、橋場さんのお宅では管の箱に穴をあけたものを使用しています。

この箱に手ぬぐいを敷き、
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

おぼろ豆腐を入れます。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

最後は重しをのせて水分を穴から出し、固まるまで待てば豆腐の完成です。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)