2月18日丸鳥の燻製作り


先程の記事と少し時間が前後しますが、この日は朝6時から燻製の仕上げを開始しました。

まずはソミュール液に漬け込んだ鳥を取り出し、水をちょろちょろとかけ流して塩抜きをします。

2羽いますので、別々にやりました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

4時間塩抜きを行った後、ずん胴鍋に入れて70度の温度で2時間ボイルをしました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

ボイルが終わると、次は風乾をしました。

扇風機の中風で約4時間程乾かしました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

風乾の後はいよいよ燻製器で燻製作りです。

今回は初めての燻製作りですので、スモークチップは市販のものをつかいました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

そして2羽同時に燻製器の中につるしました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

燻製器の底にスモークチップを入れて熱源にはストーブを使って5時間熱燻をしました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

途中、室内でやるのはやめた方がよいという意見があったので、外に出しました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

5時間後、いよいよ完成です。

燻製らしいいい色になりました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ  渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

見た目はかなりおいしそうに仕上がりました。

このまま食べてみたいところでしたが、これは19日のスノーバスターズの交流会で出すための燻製ですので、1日煙を落ち着かせるために冷蔵庫で寝かせる事にしました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

さて、お味の程はどうなる事でしょうか?

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)