たぬき


先日私の指を噛んだたぬきとおもわれるやつが、2月24日の朝にまたも牛小屋に現れました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

やはり、えさを求めてうろついており、ここにえさがあると思って住みついているのだと思われます。

しかし、皮膚があれており、毛が抜けていてみすぼらしいたぬきなので、病原菌をまきちらされても困るため、捕まえました。

渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

以前からたぬき汁を食べるという話が何度か出てきた事がありましたので、こいつを食べてみようかと橋場さんの家まで持って行き、相談をしたのですが、

「こいつは病気だ。こんなん食えない。どうせあと2日ぐらいで死んでしまうだろうから叩き殺して捨ててしまった方がいい。」

と言われましたので、こいつを食べるのは断念しました。

しかしながら、こんな病気持ちのたぬきに噛まれたというのは自分の中に病気が移ってしまわないか心配です。

結局叩き殺すのもかわいそうな気がしたので、遠くに放り投げて捨てました。
渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ 渋谷で働いていた地域おこし協力隊のブログ

しかしながら、夕方になると、2匹になって牛小屋付近に戻ってきていました。

その時も殺さず、遠くに捨てたのですが、もしかしたらまた戻ってくるかもしれません。

野生動物は相当しぶとく生命力があるなと実感しました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)