6月4日~8日アイガモの悲劇その2


引き続きアイガモの雛たちがバタバタと亡くなって行っております。

【6月4日(土)】

この日は合計5羽が亡くなりました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

【6月5日(日)】

この日は合計7羽が亡くなりました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

【6月6日(月)】

この日は合計5羽が亡くなりました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

【6月7日(火)】

この日は合計4羽が亡くなりました。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

【6月8日(水)】

この日は合計2羽が亡くなりました。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

9日以降現在無事なのですが、4日~8日の間で23羽亡くなり、残りは何と4羽になってしまいました。

という事で急遽アイガモ農法のために雛を注文しました。

おそらく一時期雨が続いて夜が寒かったのでアイガモ達が体調を壊してしまったのが原因なのではないかと思います。

一時期暖かくなってきたから畜産電球を烏骨鶏の方に移し替えて、アイガモの雛達は畜産電球なしでも大丈夫だと思って油断してしまったのが良くなかったようです。

ずっと畜産電球を取りつけていたらアイガモの雛達は寒くなった時期も耐え抜いていたかもしれません。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)