7月4日魚沼ゆうき見学


この日は夕方に株式会社魚沼ゆうき に見学に行きました。

魚沼ゆうきについてかは以下、ホームページからの抜粋でご紹介いたします

【ここから抜粋】--------------------------------------------------

平成12年、10人の有志が集まり、毎日出る生ごみの分別により「上質な生ごみ」を堆肥化し、地域循環堆肥による地域循環型農業に取り組み始めました。平成13年6月に「NPO魚沼ゆうき」に発展的に移行し9月には生産行程管理者としてJAS認定を受けました。平成15年6月に、NPO役員有志の出資により「株式会社魚沼ゆうき」を設立し、小分け・製造を扱うJAS認定を受け、有機米の販売の他、有機発芽米の製造販売等を開始しました。平成22年8月に、お客様からの激励をいただき、食味にこだわった有機米を生産するため、「株式会社魚沼ゆうき」として、生産行程管理者のJAS認定を取得し、十日町魚沼の里から環境農業を発信しています。
【抜粋ここまで】--------------------------------------------------

ちなみにNPO魚沼ゆうきのホームページはこちらです。

今回見学に行く事になったのは株式会社魚沼ゆうきの会長であり、十日町市議会議員でもある小林正夫さんから「遊びに来てみなさい」とお誘いを頂いたからです。

6月23日に市議会議員が池谷集落に視察に訪れた 時にお誘い頂きました。

この時期、草取りに苦労をしていましたので、魚沼ゆうきの方々がどのように草取りをしているのか等、色々とお話しを伺う事ができ、勉強になりました。

こちらは魚沼ゆうきで作っているお米のパッケージです。

百貨店等に置くには2合~3合パックで置くのがよいそうです。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)