4月14日薪用の木を運ぶ


本日も薪用の木を運びました。

本日は雨の中の作業となりました。

スノーダンプに乗りきらないぐらい大きな木もありました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

文字で説明するのも難しいのですが、山の斜面が急なところは木を転がして落としました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

ここが第一中継地点という感じでまずここにどんどん木を落としていきました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

その後、第一中継地点から平坦な部分をスノーダンプに木を載せて押して運びました。

ただひたすら何往復もして働きアリのように移動させました。

アリも人と同じように2:8の法則で8割はさぼっているらしいですが、一人で作業しているとさぼっていたら全然進まないので頑張るしかありませんでした。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

午後から予定があった事と体力的にも疲れが出てきましたので第2中継地点に木を集めて今日の作業は終了しました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

冬の間に薪ストーブを使って贅沢な気分を味わうためには、まだ雪のあるうちからこうした地道な準備が必要です。

そうしないと、ホームセンターで薪を買わなければならず、かなりのお金がかかると思います。

こういう作業のをする時はあまり長時間やりすぎず、短い時間を何日かに分けてやるのが無理なく続けられるコツだと思います。

こういった作業は考えようによっては運動不足解消によく、ジムに行くのにお金をかける必要もないですし、見た目の筋肉ではなく、本当に使う筋肉が鍛えられてとてもいい事だと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)