6月15日復興基金書類提出


この日は中越震災復興基金「地域経営実践支援」の申請書を提出いたしました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

この復興基金の資金の助成は2年間で最大2000万円までとなっており、この基金の審査に通るかどうかという事は今後の地域おこしの活動にとっても非常に大きな意味を持ちます。

今回、この復興基金を活用して「十日町市への移住者定着化事業」を行う計画になっています。

特に今年度については橋場さんが自宅の2階部分を改築して移住者用のアパートを作ってもよいと申し出て下さっていて、この工事費用にあてようと考えています。

今回の事業は十日町市の行政と一緒に行う事業でもありますので市役所企画政策課の山岸さんには非常に協力して頂きました。

この日も締め切りギリギリだったため、山岸さんが直接車で復興基金事務局まで印鑑をついた書類を持って行って下さいました。

今回の復興基金では1次の書類審査に通過した後は2次のプレゼンテーションに進み、プレゼンテーション審査に通過して初めて採択されることになっています。

結局、無事1次の書類審査には通過する事ができたので良かったです。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)