1月5日実家から十日町に戻る


1月5日にようやく実家から十日町に戻ってきました。

大阪から金沢まではサンダーバードに乗って、金沢から十日町までははくたかに乗ってきました。

サンダーバードはかなりすいていたのですが、はくたかは満員で座席に座れない人もいました。

十日町駅で降りようとしたところ、私が座っていた座席から近い方の連結部分に出口がなく、そのまま次の車両を突っ切って出口まで向かったのですが通路に人が多く、結局出遅れてしまい列車が出発してしまいました。

全くまだ正月ボケが抜けていないようでした。

うちの奥さんと息子たちは満員の自由席だったため別の場所に座っており、何とか十日町駅で降りたので先に駅前でごはんでも食べてもらうように連絡しました。

私は一旦六日町駅まで行ってから十日町駅まで再び引き返す電車に乗ってから合流しました。
六日町駅は雪が多く、雪国に戻ってきたという実感をしました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

私が出口がなかったことに対して

「何で出口が無いねん。おかしいわ。」

と腹を立てていたら、

うちの奥さんも長男の和正も私が電車を降り遅れたことに対して

「あっち側には出口がないって放送でも言ってたし、看板も貼ってあったのにあんな形で電車に乗り遅れるなんてあほちゃうか」

「電車に乗り遅れたのはパパちゃんがちょっとだけ悪い」

と言っていました。

乗り遅れたのではなくて降り遅れたのですが・・・

池谷集落まで戻ると実家に帰省していた間に結構雪が降っていたようで雪が積もっていたため、池谷分校までの坂と鳥小屋までの道の除雪を暗闇の中行いました。

今日は雪が降っておらず、空には星がきれいに出ていましたので、除雪の作業自体は割合スムーズにいったと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)