鶏の餌にプチトマトをあげる


これも8月24日に撮影した写真なのですが、鶏の餌にプチトマトが熟しすぎて畑の地面に落ちたものを拾ってあげていました。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

雪で地面が覆われている冬と違って夏は野菜も雑草も豊富で、鶏の餌には色んな種類の食べ物をあげることが出来ていました。

これに対して冬は餌の確保が大変です。

主食としては自分で作った飼料米やくず米と米ぬかを混ぜたものを与えております。

これは特に夏も冬も変わらないのですが、緑餌(植物類)を集めるのが大変です。

今シーズンの冬は私は集落の畑に投げ捨てられていた大根の葉っぱを畑の持ち主の許可を得たうえで雪が積もる前に拾ってきて少量の米ぬかを振りかけながらドラム缶に詰め込んでサイレージにしたものをあげています。

雪が積もる前に一冬分の餌を用意しないといけませんのでかなり多めに集める必要があります。

今年は量の加減がわからなかったのと作業に追われてしまったため、200ℓのドラム缶2つ分の量を集めたのですが、3つ分ぐらいあった方がよかったかと思っています。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)