1月22日最上の地域づくりリーダー塾(サポーター養成コース)【1日目】


1月22日~23日にかけて、山形県最上郡で「最上の地域づくりリーダー塾(サポーター養成コース)」が開催されました。

私は事例紹介者としてお招きいただいたので参加しました。

十日町駅から赤倉温泉駅まで移動時間は約5時間半かかりました。

赤倉温泉駅は無人駅でした。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

その後、会場兼宿まで送って頂きました。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

こちらが会場です。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

まず最初に総務省地域力創造グループ人材力活性化・連携交流室長の大槻さんからのお話がありました。

地域おこし協力隊の全体像や総務省の方針を説明してくださり、大変参考になりました。

私は地域おこし協力隊をもうすぐ終了しますが、地域おこし協力隊のOB/OGも今後のステップとしてアドバイザー的に活躍する道も現在検討しているという事でしたので楽しみにしています。

事例紹介は山形県最上町の山上さん&鈴木さん、
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

新潟県十日町市の私、

山形県朝日町の佐藤さんがしました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

他地域の協力隊の方の取組の話は私も参考になりました。

また、私の話も来ていた方に参考にしていただける部分もあったようで、よかったです。

発表l後は質疑応答と総括がありました。

質疑応答で印象的だったのは、ある「市議会議員になりたい」と思っていた方が

「市議会議員になるよりも地域おこし協力隊の方が私が目指す道だったと思いました」

というコメントをされたことでした。

地域おこし協力隊員は取り組み方によっては本当に地域を変えていくような取組が出来るのだと感じていただけたのだと思います。

この日の夜には交流会が行われました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

交流会は盛り上がり、2次会まで続きました。

2次会ではひっぱりうどんというこの地域の名物も出てきました。
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

2次会終了後は朝日町の協力隊の佐藤さんと相部屋でしたので、部屋で色々話しているうちに寝てしまいました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)