2月3日畑作・家の会議⇒集会所の除雪⇒節分


昨日は朝から池谷集落内で畑作の集団化と家の建設のための会議を行いました。

現時点では大豆、黒豆、サツマイモを作ることが決まり、役割分担も決めました。

作付けに関しての号令役は橋場さん、大豆販売に関しては下条の協力隊の高橋さんから豆菓子に関する話を聞く事にし、サツマイモ販売は橋場のお母さんを助手席に乗せて緊急雇用で採用をする方を担当にしようという話になりました。

作ったものをきちんと販売できるようにしておかないと大変なのですが、集落の中で売上100万円を目標として頑張ろうというイメージがわいて皆さん盛り上がりました。

緊急雇用というのは阿部政権になってから景気対策のために財政出動を現在しており、設立10年未満の法人に対して、新たな取組を進める際に雇用に関して全額2年間の助成金が出るという仕組みです。

我々十日町市地域おこし実行委員会は昨年4月からNPO法人化したのですが、法人化したメリットを今回はまさに享受できたというわけです。

また、2月23日に長野県小谷村の集落営農をしているところに視察に行く話も決まりました。

この視察先も畑作を中心に集落営農をはじめ、現在は稲作でも集落営農をしているという事です。

ですので、今後池谷集落の農地を集落営農で行うにあたって参考になると思います。

家の話では、大体の場所の候補が決まりました。また、建てる際のお金の流れや所有等に関しても決めました。

午後からは集会所の脇の除雪を行いました。

雪が窓ガラスのところまで積もっていましたので、これを下げて窓ガラスが割れないようにしました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

夜は家で節分をしました。

私が鬼になり、豆まきをしたのですが、長男の和正は豆をどっさりまいて後片付けが大変でした。

その後、太巻きを食べました。

奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ
奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く地域おこし協力隊のブログ

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)