2月13日都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナーで事例紹介


この日はふるさと回帰支援センター 主催の「都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナー」で事例紹介を行いました。

場所は東京グリーンパレス でした。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ  奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

今回は2日間の研修の2日目にあたり、全体の内容は以下の通りでした。

【1日目】
<開会挨拶>:NPO法人ふるさと回帰支援センター理事長 見城美枝子氏
<主催者挨拶>:NPO法人ふるさと回帰支援センター代表理事 高橋公氏
<基調講演> 「ふるさと再生に求められる人物像とは」 講師:養老孟司(東京大学名誉教授)
<ふるさと回帰支援センター活動報告> NPO法人ふるさと回帰支援センター 星久美子氏

<省庁からの地域づくり・交流・移住定住関連の25年度予算解説>
・「移住・交流関連施策について」 総務省地域力創造グループ地域自立応援課長 牧慎太郎氏
・「都市と農山漁村の交流関連施策について」 農林水産省農村振興局都市農村交流課長 田中秀明氏

<情報交換・名刺交換会>

【2日目】
<話題提供>「ふるさと再生と外部人材(地域サポート人)」講師:小田切徳美 氏(明治大学農学部教授)
<移住定住先進事例報告ほか>

~ふるさと再生に必要な人材を呼び込むために~
・徳島県神山町「創造的過疎を目指して」 大南信也氏(NPOグリーンバレー 理事長)
・新潟県十日町市「地域おこし協力隊から定住に向けて」 多田朋孔
・千葉県いすみ市「地域に精通した移住相談員とともに」 海老根良啓氏(いすみ市 役所企画政策課地域プロモーション室)
<パネルディスカッション>高橋公氏、小田切徳美氏、大南伸也氏、多田朋孔、海老根良啓氏

<閉会式> 「修了書交付」 代表への交付


会場にご参加いただいていたのは主に全国各地の行政職員の方々や地域で活動をしている団体の職員の方々でした。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ 奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

個人的にはNPOグリーンバレーの大南さんがお話されていた「ワークインレジデンス」の考え方が大変参考になりました。

十日町市でも是非この考え方を導入して移住定住の施策を行う事が出来ればと思いました。

地域おこし協力隊の任期は終えましたが、今後も都市に偏重した人口をバランスよく地域に移していくような動きを現場から取り組む事で日本社会全体が良くなるようにしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)