3月5日枯木又で地域の伝統文化に触れる


この日は西枯木又集落に住む阿部三代継さんの作業小屋にお邪魔しました。

初めて中に入らせていただいたのですが、地域に伝わる文化を感じるものが沢山ありました。

博物館も顔負けです。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

これは昔の人の冬の恰好を描いたものです。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

すごい立派な梁ですが、これは何と平成になって枯木又の地元の木を切って製材して作ったものだそうです。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

これは粉をひくための臼です。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

これはむしろを織るための道具です。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

これはくわの刃の部分です。

刃は取り替える事が出来るようになっていたそうです。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

こちらはくわ全体です。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

時間があれば、是非自分も地元の木を切って家を建てたいと思いました。

また、むしろやみのなども作ってみたいと思いました。

地元の木を切って家を建てたり、むしろやみのを作る技術を持っている方々は80歳前後の高齢の方が最後でそれより若い方はもうそういった技術を持たなくなってしまっているため、若い世代が今のうちに技術を継承しなければこのような文化は失われてしまいますので何とか保存していきたいと思います。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)