5月24日田んぼへ行こう!の田植えで使う折衷苗代の雑草取り


来週末に開催される「田んぼへ行こう!」に向けて苗の準備も着々と進んでいます。

今回の苗も昨年同様、農薬も化学肥料も使わずに育てています。

また、一部箱にすじまきをし(1箱あたり70g)、一部を折衷苗代で育てています。

手前側が箱にまいた苗で、奥の方が折衷苗代です。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

こちらが折衷苗代の苗を近くで見た様子です。

いい感じで育っており、田んぼへ行こう!には無事間に合いそうです。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

こちらは箱苗を近くで見た様子です。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

折衷苗代の方が若干いい苗になるような感じがしますが、箱の方も下に何も敷かず、伸びた根っこは土に潜るようにし、栄養も得られるようにしていますのでそんなに大差なさそうです。

この苗代の地面には私が飼っている鶏の糞を秋のうちからまいていますので、肥料もしっかり入っています。

今年から箱苗を一部導入した理由は、折衷苗代だけでやると苗取りに時間がかかり、田んぼへ行こう!のイベントの中でやるには時間がタイトになってしまうのと、折衷苗代にはひえなどの雑草が混ざってしまい、ひえを取るのにも結構な手間がかかってしまうからです。

全部を箱苗にしなかった理由は、せっかくのイベントですので、昔の苗の育て方を参加者の方々に体験して頂きたいからです。

これがひえです。

写真で見ると稲の苗と見分けがつかないでしょうが、手触りが稲の苗と違うので熟練すれば見分けがつきます。(稲の苗は芯があるようで固く、ひえは少し柔らかいです。)

私も稲作4年目となり、我ながら少しずつ熟練してきているようです。
奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

箱に植えた苗も分げつが始まってきました。

奇跡の集落で働く元地域おこし協力隊のブログ

去年より10日以上早く植えたおかげで、苗の成長もいい感じになりそうです。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)