マムシを捕まえる


今日は鳥小屋近くで単管パイプで小屋の骨組みをインターンの方々と作っていました。
作業終了後、インターンの方々が「蛇を見つけた」と言ったので見てみるとマムシでした。

私は以前からマムシを捕まえてマムシ酒を漬けたいと思っていたのですが、なかなかマムシに出会う事はありませんでした。
このチャンスは逃すまいと、マムシを捕まえてペットボトルに入れました。
 

家に持ってかえって子供達にも見せました。
 
  
時にマムシは威嚇してきますが、ペットボトルに入っているので怖くありません。
  

最初は怖がっていた長男の和正もだんだん慣れてきました。
(次男の幸弘は逃げて行きましたが)

マムシはペットボトルに半分ぐらい水を入れて1ヶ月間ぐらいかけて体の中にある糞を全部出させてからお酒につけるとよいそうです。
なので、ペットボトルに空気穴をあけて1ヶ月間置いておこうと思います。

その後、お酒を注ぐ際には少しずつそそぐときれいにとぐろを巻いて売り物にもなるぐらいの出来になるそうです。
かなりアルコール度数の強いお酒(35度以上)を入れるのが良いそうです。

今日は長年の念願がかなって本当にうれしい一日となりました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)