マムシを喰らう


先日捕まえてマムシ酒にしようとしていたマムシが途中で死んでしまいました。
(原因はおそらく無理にペットボトルに押し込んだ時に内臓を痛めたからではないかとの事)

浩史さんに確認をしてみたところ

「死んだのならすぐに食った方がいい」

との事でしたのでさばいて食べる事にしました。

ペットボトルから取り出して 

まずは首を落としました。

 

その後、皮に切れ目を入れてめくると、スムーズに皮をむくことが出来ました。
 

皮をむいた後に内臓を切り離しました。
 

内臓をよく見て見ると、
  

マムシの子供がおなかの中にいました。 
  

マムシは爬虫類なのですが、卵を外に産むのではなく、卵をおなかの中でふ化させてから子供が出てきます。

マムシの骨と身をぶつ切りにして素揚げにしてみました。
(写真に写っているのはインターン生で左から佐藤君、山本君です。)
 

美味しそうに仕上がりました。
 

こちらは第2陣です。
 
  
  
 これをみんなで食べてみました。
食感と味は魚の骨せんべいみたいな感じで結構おいしかったです。

うちの次男の幸弘も興味を持って食べました。
  
  
   

長男の和正も食べましたが、
  

ちょっと嫌だったようです。
   

今度からマムシを捕まえてマムシ酒を作るためには、口の大きい4リットル焼酎のペットボトルにしないといけないと思いました。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)