きたほわくわくキャンプ


9月13日~14日にかけて「きたほわくわくキャンプ」が行われました。

これは今年3月に廃園になってしまった北原保育園の保護者の家庭で
「保育園はなくなったけど、このつながりは続けたいという事で年に何回かはみんなで集まって何かやりましょう。」

という話の中で行われる事になった企画です。

場所は北原保育園の園庭で行われました。

雨が心配されましたが、皆さんの行いが良かったのか、いい天気でした。

我が家もテントを買ってしまいました。
この写真の紫と黄色のやつがうちのテントです。

昼間は子供達は園庭で大はしゃぎでした。

夕方になると、神社で肝試し的な事を行いました。

私も含め、お父さん3人で悪役になりました。

悪役を退治した子供達には

お菓子が配られました。

夜は焼きそばを焼いて皆で食べました。

子供達は夜になっても興奮気味でなかなか寝ずに走り回っていました。

子供が寝た後はいよいよ大人の時間でした。(下の写真では一部子供がいますが・・・)
たき火を囲んでトマトや焼き鳥を焼いて食べながら飲んでました。

結構夜は肌寒い季節になってきました。

翌朝はラジオ体操が行われました。

うちの幸弘は疲れたのか、キャンプが終わったころにはぐっすり寝ていました。

とても楽しかったキャンプでした。企画から準備をして下さった父母の方々には大変感謝しております。
来年と言わず、またすぐにでもやりたいぐらいでした。

保育園はなくなりましたが、地域でこういった家族ぐるみでの付き合いが続いていくというのは本当に良い事だと思います。
このわくわくきたほの会はこれから先もずっと続いて行ってほしいともいます。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)