2016年1月1日~10日の地域おこし日記


今年はFacebookにほぼ毎日投稿してましたが、記録を残すためにこちらのブログにも日記として転載させていただきます。

■1月1日新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

去年は池谷集落では正式に十日町市地域おこし実行委員会の名義で田んぼを耕作し始めました。また、農業後継者育成住宅「めぶき」が完成し、馬場君が入居したのと三椿さんとうちに子供が生まれた事で池谷集落は3人も人が増えました(8世帯19人⇒9世帯22人)。

2015年1月時点の行政区別人口及び世帯数

http://www.city.tokamachi.lg.jp/page/000039381.xls

2015年11月末時点の行政区別人口及び世帯数
http://www.city.tokamachi.niigata.jp/page/000043625.xls

飛渡地区では農村集落活性化支援事業に取り組み、飛渡の未来を創る会で今後5年で実現したい事を色々と話し合いながら一部取り組みも進み始めました。

去年は地域内で色々な事が前向きに進んだと思います。

今年は少し外に色々と仕掛けてさらに飛躍する年にしたいと考えています。
直近の1月には以下のイベントで東京に行きます。

・1月9日(土)TURNSカフェ十日町を開催し、将来十日町に住んでくれる人達との出会いを期待します。
http://turns.jp/tokamachi/

・1月16日(土)移住・交流&地域おこしフェアの「LOCAL LIFE ディスカッション 」でパネラーとして「田舎での子育て」について話をする事になりました。

http://chihou-iju.jp/

あまり地域の外に出てばかりで足元がおろそかにならないようにしつつ、攻めの姿勢で取り組む1年にしたいと思います。

それでは今年もよろしくお願いいたします。

■1月1日
この日は朝からほんやら洞に注文したおせちを食べた後、集落の年賀がありました。
2次会は津倉さん宅で集落の子供たちも集まりました。
新年早々集落の方々から

「俺たちも明日どうなってるかわからないから」

と、地域おこしの取り組みをもっと急ぐように急かされました。

一歩一歩進める事も大事ではありながら、ある程度のスピード感も求められるのが難しいですが、今年も前進したいと思います。

SN3R0055

■1月2日
この日は格安スマホが届きました。思ったより早く届いてすごいと思いました。
あと、三椿さん宅で子供たちが一緒に遊び、えごまとアイガモをいただきました。
その後、12月末から十日町に引っ越してきた鯨井さんが池谷集落に来て色々話をしました。
まだパソコンの方が使いやすいのでこのFacebookの近況はパソコンでアップしました。

SN3R0001

■1月3日
この日は、十日町に引っ越した鯨井さんの挨拶まわりがてら初詣をし、運転手もつとめ、夕方は隠居さん宅で9月から池谷集落に引っ越した馬場君も一緒に飲みました。
神社の階段がむき出しの正月は珍しいです。
子供は三椿さんがお昼に面倒見てくれました。
毎日明るいうちから飲んで大変ゆったりとした年始でした。
明日から仕事頑張りましょう!

DSC_0004

■1月4日
この日は、長男の和正がおたふく風邪になったので病院に連れて行きました。
痛くて泣いていた和正でしたが薬を飲んで効いてきたら、ケロリとして元気になりました。「薬は世界を救う」などと言って喜んでました。
また、気づいたら3男の直史の足が長くなってました。

DSC_0005

■1月5日
この日は自分が事務局長をしている「十日町市地域おこし実行委員会」で目先の事ではなく、長期的な方向性や具体的に今年取り組む事とやらない事を色々話し合いました。
個人のやりたい事や関心がある事と組織としてやる事をどうリンクさせつつ組織として成り立たせていくかという事は、理想と現実をどのように折り合いをつけるかという難しい永遠のテーマかもしれません。
長期的な視点で理想を描き、短期的な視点で現実の問題を一つ一つクリアしていくという長期と短期の両方の視点を持たないと現実の日々に追われて理想を忘れてしまうので気を付ける必要があります。
やらない事を決めるのは大事だと常々考えてはいるのですが、収益性だけ考えたら普通の会社ではやらない事でも「地域おこし」をテーマとしたNPO法人だからやらないと存在意義がなくなってしまうという思いもあり悩ましいです。
活動を続けられる資金はやはり必要であり、日本では都会であってもNPO法人は株式会社に比べて働く人の給与水準が低く、そもそも人を恒常的に雇わず、関わる人は手弁当で労力はボランティアというNPO法人も多いですので収益性の低い事を継続するのは難しい事です。
その中で我々「十日町市地域おこし実行委員会」では複数名の人が有給で働いており、活動を継続し続けるためには働く人が無理なく関わり続けられる仕組みが必要なのですが、まだまだ仕組化しているというよりは自転車操業と力技で何とかしているような状況だと感じています。
それでもここ数年で目指す方向には着実に前に進んではいるという実感もありますので、何とかもう一息頑張って上手く回るようにしたいです。
個人的には子供3人を養いながらどこまでやれるか挑戦しているような状況ですが、現在の問題点は忙しい割に経済的に見合っていないというところだけなので「今が良ければそれでいいという実態を伴わないマネーゲーム的な経済第一優先の在り方」から「子供や孫の代も安心して暮らせる地に足のついた社会の在り方」に変えていく事で何とかなると思っていた初心を忘れずに頑張りたいと思います。

DSC_0007

■1月6日
この日はTURNSカフェのスケジュールを組みなおしました。
また、株式会社とびたりに行き、池谷集落の巾さんの田んぼについて交渉しました。
前向きになりそうです。
副業のコンサルの仕事についてやる気が高まりました。

DSC_0014

■1月7日
この日はツマリカフェの見積もりをじっくり作りました。
新潟県のNPOと行政の協働についてのガイドライン等も添付してすんなりと通りました。
いなかパイプの記事もじっくりと書けました。
十日町市の地域おこし協力隊募集も記事の下につける事が出来ました。

 

■1月8日
新潟NPO協会の石本さんが池谷分校にいらっしゃいました。
NPO法人の運営について色々深い話が出来ました。
ビジネスモデルデザイナーの2級基礎講座を受講しました。講座の内容
参加者の方ともに素晴らしかったです。次回以降のお金を現金でその場で
支払ったら「会場で現金で払ったのは初めてだ」との事でした。

DSC_0016

■1月9日
TURNSカフェ、無事終了しました!
大盛況で、こんなに人数が集まったのはなかなかないそうです。
ALEのピザ、池谷のポップコーン、十日町のお菓子、天神囃子や松乃井と言った地酒なども味わって頂きました!

ゲストトークとテーブルトーク、質問のやりとりも盛り上がりました。
十日町の地元の人たちによる祝い唄天神囃子と、ラストの十日町小唄で十日町を少し体感して頂きました。
「会場全体で輪になって踊るのはTURNSカフェでは初めてです。」と、坂本編集長からも言われました。今日来て頂いた皆様には是非十日町との今後長いお付き合いをお願い出来ればと思います。

DSC_0025

■1月10日
この日は、午前に道楽神の準備で桜の木を切って束ねる作業をしてから、午後は消防の出初め式でした。

DSC_0055

DSC_0055

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)