5月の地域おこし日記


【5月1日】
この日は、ちゃめ仕事でこいのぼりをあげました。
その後、終日馬場くん、森さんと一緒にNPO法人地域おこしの田んぼに元肥として、鶏糞とようりんとソフトシリカを撒きました。また、水路の掃除もしました。
1反歩あたり鶏糞6袋、ソフトシリカ3袋、ようりん2袋を昨日で約1町2反ほどの田んぼに撒きました。
その後、夕方に倒れていた木があったので切って薪にしました。
その後、夜は池谷集落の寄り合いでした。
家に帰ると、晩御飯は山菜尽くしでした。椎茸の原木から椎茸が出てきていたのでそれも天ぷらにしてもらいました。
【5月2日】
この日は、ちゃめ仕事でこいのぼりをあげました。
その後、終日馬場くん、森さんと一緒にNPO法人地域おこしの田んぼに元肥として、鶏糞とようりんとソフトシリカを撒きました。また、水路の掃除もしました。
1反歩あたり鶏糞6袋、ソフトシリカ3袋、ようりん2袋を昨日で約1町2反ほどの田んぼに撒きました。
その後、夕方に倒れていた木があったので切って薪にしました。
その後、夜は池谷集落の寄り合いでした。
家に帰ると、晩御飯は山菜尽くしでした。椎茸の原木から椎茸が出てきていたのでそれも天ぷらにしてもらいました。
【5月3日】
この日は、午前中は入山の道普請でした。
お昼はゴールデンウィークなので、家族で外食してから、畑に植える苗を買いました。
その後、無農薬の田んぼで2つを1つに合体させた田んぼの中畔を作りました。作業の途中で時間が来たので家に戻って一風呂浴びてから夕方からは、山田屋で道普請の慰労会でした。
身体を動かしてから飲んだビールは最高でしたし、楽しかったので飲みすぎました。
【5月4日】
この日は、ちゃめ仕事でうちの家庭菜園の畑に籾殻と生ゴミ肥料を撒いてトラクターがけしました。
午前中はサトイモの仮伏せをしてから家族でジャガイモの植え付けをしました。
午後は自家採集したズッキーニと唐辛子とスイカの種と買ってきた枝豆とトウモロコシとキュウリの種を苗にするために撒きました。
また、買ってきたトマト、ナス、ピーマン、キュウリの苗を畑に定植しました。
その後、家族で月岡公園に行きました。
その後、見晴らしの湯こまみに行き、晩御飯も外食しました。その際に連絡があり、枯木又で遭難者が出たとの事で、明日は早朝4時30分から消防団として出動することになりました。
【5月5日】
この日は午前中は池谷集落の道普請でした。
午後はうちの家庭菜園の畑に肥料を撒いたり、玉ねぎの畝に燻炭を撒いたり、キャベツの畝に防虫用のネットをかけてから田んぼの中畔を作りました。コンクリートで水路が整備されていないので、毎年泥上げをしないといけないので、手間がかかりますが、その代わりドジョウが沢山生息しています。
夜は、ちゃらんぽらんの会で茅屋やで、よんたごのはたやさんの還暦祝いがありましたので参加しました。とても楽しい会でした。
【5月6日】
この日は、午前中に無農薬の稲の苗のワリフを外しました。その後、自分が作っている田んぼの田ぶちをしました。
午後はニンニクの畝の草取りをしました。
その後、農村計画学会の報告書の原稿をチェックしました。
夜は、木和田原集落センターで飲んで泊まりました。
【5月7日】
この日は早朝から元地域おこし協力隊の同期の宮原さんの長男の和希君の7つ参りに行きました。かなり急な坂で思ったより大変でしたが、面白いて経験でした。
午前中は松代支所で里山プロジェクトの会計に関する事務などをしました。
池谷集落の道普請の時に鍬を無くしてしまったのでお昼にムサシで鍬を買いました。
また、今週末の視察に関する書類を共立観光に提出しました。
午後は飛渡地区の地域おこし協力隊の定例会でした。今月から藤本さんと佐藤さんの2名の隊員が任用され、地区の世話人として新たにマサ子さんと太一君が加わったので大人数になりました。地域の人と公民館、地域おこし協力隊がしっかりと情報を共有しながら受け入れる体制はとても大切だと思います。
その後、視察の行程の紙を配って回った後、池谷分校で少し事務仕事をしてから、自分が個人で作る田んぼの中畔の泥上げと、水を効率的に使えるようにパイプを通したり、一部畔塗りをしたりしました。その後、視察の行程の紙をまた配って回り、家に戻りました。
夜はZOOMをつないでビジネスモデル・デザイナー(R)の研究会に参加しました。
【5月8日】
この日は、午前中はNPO法人地域おこしの民宿かくらの下の田んぼの田ぶちをしました。ちょうどお昼になって昼休みをとろうとした時に田んぼの出入り口から上手く出られず、トラクターがはまってしまいました。
たまたまお昼過ぎに民宿かくらのご主人がいらっしゃったのでユンボで引き上げて頂きました。この時から馬場くんが精米作業を終えて田んぼ作業に合流したのでオペレーターを交替しました。
午後はトラクター引き上げ後、自分が個人で作る田んぼの水の管理をしてから池谷分校で事務仕事をしました。
その後、田舎暮らしの本の取材を受けました。
その後、本日から行われる地域おこし協力隊の起業支援研修の準備をしました。
【5月9日】
この日は、午前中はNPO法人地域おこしの民宿かくらの下の田んぼの田ぶちをしました。ちょうどお昼になって昼休みをとろうとした時に田んぼの出入り口から上手く出られず、トラクターがはまってしまいました。
たまたまお昼過ぎに民宿かくらのご主人がいらっしゃったのでユンボで引き上げて頂きました。この時から馬場くんが精米作業を終えて田んぼ作業に合流したのでオペレーターを交替しました。
午後はトラクター引き上げ後、自分が個人で作る田んぼの水の管理をしてから池谷分校で事務仕事をしました。
その後、田舎暮らしの本の取材を受けました。
その後、本日から行われる地域おこし協力隊の起業支援研修の準備をしました。
【5月10日】
この日は、地域おこし協力隊向けの起業支援研修を行いました。
午前中はビジネスモデル・デザイナー(R)の2級基礎講座を行いました。
午後は十日町市でアウトドアの事業を立ち上げている元地域おこし協力隊の小山さんに山菜採り体験をコーディネートして頂きました。座学だけでなく、実際のサービスも見てもらえる研修の組み立てにしてます。
その後、ビジネスモデル・デザイナー(R)の2級実践講座を一部行いました。
夜は懇親会と温泉を楽しみました。
今回研修に参加した方々は、とても意識の高い人達ばかりで、講座の雰囲気も良かったです。
【5月11日】
この日は地域おこし協力隊向けの起業支援研修2日目を行いました。
午前中はビジネスモデル・デザイナー(R)2級実践講座と、山菜料理体験でした。
山菜料理体験では、地域おこし協力隊OBの小山さんのコーディネートで、蕎麦屋清兵衛さんに来て頂き、十日町一番の味の山菜天ぷらそばの料理教室を堪能して頂きました。
午後はビジネスモデル・デザイナー(R)2級実践講座の続きをしました。
かなりボリュームのある内容でしたが、途中で料理教室と絶品の山菜天ぷらそばを挟んだので楽しく学んで頂けたのではないかと思います。
是非現場に戻ってから今回学んだ内容を活用して頂き、これからの社会に必要な事業を全国各地で立ち上げていってほしいと思います。
そして、地域おこし協力隊が地方での社会起業家の輩出機関になっていくようにしたいと思います。
家に戻って無農薬の稲の苗を見ると、2葉目まで成長してました。
【5月12日】
この日は午前中は池谷分校で事務仕事をしました。ちょうど昨日〆切のNPO法人地域おこしの年次報告書の原稿を何とか書き終える事が出来ました。
無農薬の稲の苗を見ると色が青くいい感じです。元地域おこし協力隊の宮原さんから教えてもらった有機JAS適合の肥料を使ったところ、上手くいってますので感謝です。
また、買ってきた枝豆、トウモロコシ、キュウリ、自家採種のズッキーニ、オクラ、スイカ、トウガラシが芽を出してきました。
午後は飛渡地区の人達で視察に行きました。
農繁期の中での強行軍のため、参加人数は13名と少し小勢ではありましたが、上は85歳から下は25歳まで老若男女が参加しました。
バスの中から飲みながら移動し、宿では宴会も盛り上がって、「こういうのが大事」とか「またこういうのをやりたい。」というご意見を伺い、幹事としてやって良かったと思いました。
宴会の後に修学旅行のようなノリで女性部屋に入り込み2次会をする7~80代も出てくるなど、物凄く元気なお年寄りが飛渡地区の宝だと思いました。
今回の視察のメインは本日行く霜里農園ですがここの受け入れ日程の都合上、この時期の視察になりましたが、次回やるなら農閑期にやろうと思いました。
【5月13日】
この日は飛渡の未来を作る会の視察旅行の2日目でした。
午前中は移動の途中に川越の小江戸で観光をしました。
午後は本来の目的地の霜里農園に行きました。
40年の年月をかけて、集落の9割が有機栽培に取り組むようになり、地域の消費者との提携や、事業者との連携や、企業との結びつきが出来るなど活動の輪が広がっているところがとても凄いと思いました。また、循環型の農業や、エネルギーの自給にも取り組んでおり、これも凄かったです。
自分も顔の見える範囲の地域で生活に必要なものが循環・自給出来る地域を作って行くことがこれからの社会には求められると考えており、すでにそれを実際に形にしている霜里農園とその周りの地域の人達の取り組みを飛渡地区の人達で見聞き出来たことはとても良かったです。今回残念ながら参加出来なかった人もまたの機会に是非来てもらって飛渡地区の多くの人達に霜里農園の取り組みを見てもらいたいと思いました。
【5月14日】
この日は飛渡第一小学校で地区の廃品回収をしました。
その後、無農薬の田んぼに撒くための米ぬかとくず米の準備をしました。
また、家庭菜園の畑のニンニクのわき芽を摘みました。これはにんにくの芽として料理に回しました。
午後は無農薬の田んぼに米ぬかとくず米とソフトシリカを撒きました。
面積は1反7畝で、そこに米ぬか146kg、くず米180kg、ソフトシリカ100kgを撒きました。
夕方からは飛渡第一小学校で花見会と称して飲み会がありました。
以外と飲み過ぎたのか、帰る時から寝るまでの部分がよく覚えていませんでした。
【5月15日】
この日は、午前中は里山プロジェクトの会議で松代支所に行きました。
午後は池谷集落に戻ってじゃがいもの植え付けを森さんとしました。これは学校給食等に出荷予定です。
夜は岡山から起業支援研修を受講してくださった谷口さんとスカイプで打ち合わせをしました。今後に向けて、とても有意義なお話が出来たと思います。
【5月16日】
この日は、ちゃめ仕事でトウモロコシの定植と畑の草取りをしました。種まきした苗を見てみると、豆とオクラが食べられてしまっておりました。ビニール温室に入れてたのですが、もしかしたら暑くなりすぎないように窓を開けていた時にカラスが来て食べてしまったのかもしれません。仕方ないので豆とオクラは種を撒き直しました。
今後は防鳥ネットをかけるようにします。
その後は終日池谷分校で事務仕事をしました。
途中、移動販売車が来ました。
夕方からは十日町タイムスの森本さんが取材にいらっしゃいました。
夜は毎日フォーラムの原稿を書きました。
【5月17日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの近くの堆肥の切り返しをしてから2枚を1枚に合体させる工事をした無農薬の田んぼの畦を作ってから水を溜めました。その際に、水を入れるところにパイプを伏せました。
無農薬の稲の苗はいい調子で成長してます。
その後、終日池谷分校でNPO法人地域おこしの理事会、総会の資料を作ったり、事務仕事をしました。夕方に背負い式の草刈り機が届きましたので試し運転で池谷分校の坂の草刈りをしました。
夜は十日町商工会議所青年部の例会に参加しました。
【5月18日】
この日は、ちゃめ仕事で2つの田んぼを1つにした無農薬の田んぼの畦を完成させました。
これで水を貯める事が出来ます。
午前中は池谷分校で事務仕事をしました。
午後はお金の振込等をしてから県の十日町地域振興局で振興局と十日町市と津南町で移住定住促進のための連携会議をしました。
夕方は無農薬の田んぼの一番上の水を入れるところの整備をしました。
夜は飛渡スポーツクラブでした。
【5月19日】
この日は、ちゃめ仕事でうちの周りと家庭菜園の畑の草刈りをしました。
午前中は平場の田んぼで田植えの委託を受けているところがあるので、田植え機の移動をしてから事務仕事をしました。
午後は事務仕事をしてから、夕方から飛渡地区の地域おこし協力隊の歓送迎会に参加しました。
退任したのは、千詠美さんと横澤君で、新しく来たのは、藤本さんと佐藤君です。
2次会でねこのてに行きました。2次会の写真はスマホの電源が切れてしまったので撮れませんでした。
飛渡地区では、地域おこし協力隊の歓送迎会に地域の振興会の役員や、地域の各団体の代表者等や、市役所の方々等に来て頂く事が定番になっています。とても受け入れ体制がしっかりしており、結果として飛渡地区に来た地域おこし協力隊は退任した6人が全員十日町市に定住してます。また、同時に最大4名の隊員を受け入れており、市内最多の受け入れとなっています。歓送迎会の雰囲気も良く、地域おこし協力隊受け入れ地域の理想的な地域だと思います。地域おこし協力隊を受け入れるのであれば、受け入れ地域向けに受け入れ体制を整えるような取り組みも大切だと思います。
【5月20日】
この日は、いよいよ田植えが始まりました。
平場の作業委託を受けている田んぼの田植えでした。
森さんに田植え機で田植えをしてもらい、自分は苗を運びました。
午後は、苗運びの合間にあわせおけさ保存会の方々と中屋敷集落開発センターに慰問に行きました。
その後、森さんが作業している田んぼに行き、田植え機の不調があったのでその解決をしました。
田植え終了後、翌日の田植え用の苗を運びました。
夜は池谷分校に泊まる人達がバーベキューをしていたのに混ぜてもらいました。
【5月21日】
この日は日帰りで東京に行き、ビジネスモデル・デザイナー(R)の研究会に参加しました。とても有意義な内容で勉強になりました。
帰りのバスは六日町に夜中の3時頃到着と、なかなかの強行軍でした。
【5月22日】
この日は、終日田んぼの作業の1日でした。
まずは自分が個人で作っている無農薬の田んぼに水を入れる溜め池の水の出口を作りました。
その後、田んぼの代かきをしました。田んぼが平らではない部分があったので平らにするために土を引っ張ったので昼休みもなく時間がかかりました。
その後、NPO法人地域おこしの田んぼで水が少なくて代かきがきちんとできてなかった田んぼが1枚あったところを代かきしました。
その後、津倉さんの軽トラに載せてあった苗を下ろしました。
その後、NPO法人地域おこしの田んぼに水を入れました。
その後、自分が個人で作っている田んぼを手作業で平らにならして水を入れてから、溜め池のあぜの土を盛り上げました。
【5月23日】
この日は、ちゃめ仕事で2枚を1枚に合体させた無農薬の田んぼの上の溜め池の水の排水口を作りました。
午前中は少し池谷分校に行くと、ツバメが巣を作ってました。その後、一番上にある小さい無農薬の田んぼの上の溜め池の排水口を作りました。
午後は、トラクターを洗ってから2枚を1枚にした無農薬の田んぼの土を平らにならしつつ、代かきをしました。
高さがかなり違っていたため、トラクターがはまってしまいました。
タイミング良く山本さんが来てくださってユンボで引き上げて下さいました。
その後トラクターでしばらく土を平らにならしていたらまたはまってしまいました。
今度は一人でしたのでスコップで土を掘りましたが、真っ暗になったので結局はまったままの状態で帰りました。
【5月24日】
この日は、ちゃめ仕事でトラクターを山本さんに引き上げて頂き、2枚を1枚にした無農薬の田んぼに水がたくさん溜まるように畦を高くして、田んぼを平らにする作業をしました。
午前中はNPO法人地域おこしの田植えしたあとの田んぼの水管理をしてから新潟県庁に向かって移動しました。
午後は新潟県庁で県の地域づくりに関する意見交換会に参加しました。
今年トライアルする事について具体的な話が出来ました。
夜は県庁で打ち合わせをしたメンバーで懇親会が新潟でありましたがそれまで時間が少し空いていたので新潟NPO協会にお邪魔して、事務仕事をさせて頂きました。
その後、懇親会に参加しました。
【5月25日】
この日は、ちゃめ仕事で自分で作っている特別栽培米の田んぼの田植えが出来るように水を抜きました。一気に排水すると水が多く流れ過ぎて一枚の田んぼの中畔が低い部分から水が田んぼに流れ込んだ部分があったのでそこの部分に土を高く盛り上げました。その後、家庭菜園の作業をしました。
午前中はNPO法人地域おこしの田植えの補助で苗を積んだ軽トラで田んぼに行って苗を下ろしました。この日の田植えは森さんが行いました。この日、NPO法人地域おこしが直接作る田んぼの田植えが終わりました。
田植えは森さんに任せ、その後、自分で作っている田んぼに苗を運びました。その後、無農薬の田んぼの代かきをしました。
午後は自分で作っている田んぼの田植えをしました。無事特別栽培米の田んぼの田植えが完了しました。
夜は食と農を考える飛渡の会の会議でした。ここでポップコーンの種を配り、生産者を募りました。
【5月26日】
この日は、ちゃめ仕事で田植えした田んぼに肥料を撒いて、枚苗箱の片付けをしました。
午前中はNPO法人地域おこしの事務局会議でした。
午後は松之山で十日町市の地域おこし協力隊の全体会議に参加しました。
その後、里山プロジェクトの小山さんから地域おこし協力隊向けのステップアップ研修が行われました。テーマは「苦手な人とのコミュニケーション」でした。
夜は十日町市のPTA連合会代議員会に参加しました。
【5月27日】
この日は、ちゃめ仕事で田植えした田んぼに肥料を撒きの続きをし、水の管理をしました。
午前中は家庭菜園の畑にズッキーニとサツマイモとトウモロコシを植え付け、トウモロコシの種を新たに撒き、玉ねぎの草取りをしました。
また、田んぼの手植えをする際に線を引く道具の修理をしました。
午後は無農薬の手植えをする田んぼを平らにならしてから線を引き、手植えで田植えをしました。
約3畝の田んぼの手植えが完了しました。
【5月28日】
この日は午前中畑にスナップエンドウの種を撒き、ジャガイモの芽かきをしました。
その後、2枚を1枚にした田んぼを平らにするためにトラクターで土をならそうとしたら、またもやはまってしまいました。
一旦そのままにして、うちに戻り、コメリでパイプと、ノコギリと、チャッカマンとフェイスマスクと、ゴム手袋と腕カバーと足カバーを買いました。フェイスマスク以下は手植えをする際にウミカにかまれないようにするためです。
午後は無農薬の田んぼに線を引き、手植えをしました。4.5畝の田んぼの4分の3ぐらいが終わりました。
夜は池谷集落の寄り合いでした。
その後、岡山、高知でビジネスモデル・デザイナー(R)の講座を行うにあたっての打ち合わせを津山の谷口さんとスカイプで行いました。
【5月29日】
この日は、ちゃめ仕事でトラクターを山本さんにユンボで引き上げて頂き、そのまま田んぼを平らにならす作業をしました。その間にも何度かはまっては引き上げてもらうのを繰り返したため、ある程度やったあとは手作業でならすことにし、途中ではありましたが、トラクターを田んぼから出しました。
午前中から14時過ぎにかけてうちの奥さんに約4分の1残っていた無農薬の田んぼの手植えをしてもらい、自分は手作業で2枚を1枚にした田んぼを平らにならし、手植えに合流しました。ウミカに刺されないように完全防備しました。
その後、池谷分校で昨年度の決算の最終確認をしたり、事務仕事をしました。
夕方、田んぼの水管理に行くと、無農薬の田んぼにつがいの鴨がいましたので写真を撮りました。ズームして撮ったので見づらいかもしれませんが。天然鴨農法で草を退治してくれたらとも思いますが、草取りしないと2羽では少ないでしょうね。
夜は、6月3日に行う、田んぼへ行こう!の打ち合わせを分じろうで行いました。
【5月30日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの農道の草刈りと水管理をしました。
午前中は飛渡第一小学校の田植えのお手伝いに行きました。また、飛渡第一小学校でポップコーンを植えたとのことでしたので、見せてもらいました。このポップコーンは元々は現在廃村になってしまった入山集落の又司さんから7年前にもらった種を植えて作り続けたものです。
午後は何度かイベントにお越し頂いた金子さんがお越しになり、アグリノートという農業の管理アプリのご紹介をして頂きました。これまではノートに作業記録をとったり、田んぼの地図を書いてどの田んぼにいつ何をするか等、アナログで管理してましたが、今後はそれをIT化します。
また、この日から、山崎さんが1週間程滞在します。金子さんと山崎さんが大学時代の先輩後輩なのでばったりと再会したのも面白い事でした。
この日は何故か体調が悪くなったため、夕方に家に戻ってからは、ずっと寝ました。12時間ぐらい寝たらだいぶ良くなりました。
【5月31日】
この日は、ちゃめ仕事で2枚を1枚にした田んぼを平らにならしてから水を抜きました。また、他の田んぼの水管理と農道の草刈りをしました。
午前中から15時45分ぐらいにかけて水を抜いたあとの2枚を1枚にした田んぼを手作業でさらに平らにならしてから、手植えするために線を引きました。
うちの奥さんも、線が引けたところから随時田植えを手伝ってくれました。
その後、池谷分校で事務仕事をしました。
夜は、6月3日に行う田んぼアートの絵を描くための準備をしました。
プロジェクターで絵を投影し、イボ竹を絵に沿って刺して、ひもを絵に沿って結びました。
今年は順調に作業が進みました。
The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)