6月の地域おこし日記


【6月1日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの水管理と無農薬の2枚を1枚にした田んぼの手植えをしました。
その後、終日里山プロジェクトで打ち合わせや、会計監査をしました。
夕方は、また暗くなるまで手植えの続きをしました。
【6月2日】
この日は、ちゃめ仕事で2枚を1枚にした無農薬の田んぼが雨で線が消えていたので線を引き直しました。
その後、終日この田んぼで手植えで田植えをしたのですが、早朝から午前の作業の前に大雨が降ったため、改めて田んぼに行くと、また線が消えていたので、線を引き直す必要がありました。
手植えには、午前の途中からうちの奥さんが手伝いに来てくれ、午後からは現在池谷分校に滞在中の山崎さんも手伝ってくれました。
おかげでこの日のうちに何とか無農薬の田んぼの手植えが完了しました。
手植えにする理由は、草取りの時に縦と横に田車を使えるように縦×横の苗の間隔を30×30センチにするためです。
この2枚を1枚にした田んぼは約1反歩弱でしたが、工事したばかりで高さが違っていたのをトラクターで平らにしようとしたら何度もはまり、手作業で平らにならしたり、線を引いたら雨で消えたので3回線を引くなど、普通よりも手こずりましたが、何とか終わって良かったです。
その後、特別栽培米の田んぼに投げ込み型の除草剤を投入しました。農薬関係はこの2成分の除草剤だけしか使ってません。
夜は消防団でよんたごの人達がポンプ操法の練習をしていたのでホース巻きの手伝いに行き、その後、轟木集会所で飲みました(自分は運転があるのでノンアルコールでしたが)。
【6月3日】
この日は、午前中は少しゆっくりとしました。
午後からは「田んぼへ行こう!」のイベントを開催しました。
今年はお子さん連れの方々が多く、参加者は41名にもなりました。
貴夫さんのアート田んぼの田植えをしました。
その後、ALEさんの提供でバーベキューをしました。
子供たちに無農薬のポップコーンをあげたらとても好評でした。
終了後は、池谷分校で軽く飲みました。
【6月4日】
この日は、早朝から午前中は消防団の演習に参加しました。
十日町全体での演習は、初の試みとのことで、総勢約1350名の参加でした。
午後からは轟木集会所で焼肉を食べました。
その後、うちで昼寝をしてから夕方に起きると池谷分校近くで森さんが飼っている山羊が子供を産んだという連絡がありましたので、見に行きました。2頭の山羊が産まれてました。
その後、晩御飯は6月2日に手植えを手伝ってくれた山崎さんとうちの家族でねこのてに行って食べました。
【6月5日】
この日は、ちゃめ仕事で家庭菜園の作業をしました。枝豆の定植をして、トウガラシの定植をしました。トウガラシは去年採った種から苗をおこしたものです。ナスとピーマンの追肥とトマトのわき目の植え付けもしました。
午前中は、少し事務仕事をしてから、新潟大学でメディアの研究をしている原田教授がいらっしゃいましたので色々お話をしました。
お昼は、食と農を考える飛渡の会といこてとの昼食会に参加しました。午前中にいこての方々が野菜やお米の栽培の現場を見学した後に生産者との交流ということでこの食事会が行われました。
午後は事務仕事をしました。
また、約1週間池谷分校に滞在した山崎さんが旅立ちました。山崎さんはJICAでガーナに赴任してますが一時帰国の機会に池谷に滞在して色々お手伝いをしてくださいました。ガーナに戻ってからも頑張ってほしいと思います。
夜はビジネスモデル・デザイナー(R)のアワード開催に向けてZOOMをつないで打ち合わせをしました。
【6月6日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの草取りをしました。かつて「上農は草が見える前に草取りをする」という言葉を聞いたのですが、今年はまだ草が見えてない時点で草取りを始めることが出来ました。去年途中から買ったのであまり活用てなかった3連の除草機を使いました。3連なので結構はかどり、約2時間で5畝ぐらい回れました。
午前中はNPO法人地域おこしの事務局会議をしました。午後は探しものをしていたらそちらに頭が行ってしまい、飛渡地区の地域おこし協力隊の会議に参加するのを失念してしまいました。
基本的に午後は事務仕事をしました。
【6月7日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の苗を補植用に田んぼに持っていき、無農薬の田んぼの草取りをしました。また、苗代の片付けをしました。
午前中は仙台に向かって移動しました。
午後は東北活性化研究センター主催のフォーラム「若者と田園回帰―現在とこれから―」に参加しました。事例報告とパネルディスカッションで登壇させて頂きました。
その後、懇親会に少し顔を出して日帰りで帰りました。
【6月8日】
この日は、ちゃめ仕事で苗代に苗を植えられるように準備しました。特別栽培米の田んぼの補植をしました。
午前中は、NPO法人地域おこしの畑で山本さん、馬場君、森さんとポップコーンを植えようとしたら、NPO法人地域おこしの管理機が壊れていたので、農機具屋さんに持って行きました。
その後、ポップコーンを植える畑に行き、草刈りと、ジャガイモの畝間の草を退治するために、自宅の管理機を持って行って畝間に管理機をかけました。石が多い畑だったので石も拾って畑の外に投げました。
午後は事務仕事をしました。
夕方はうちの稲の苗代に苗を植えました。植えている途中で子供達が帰って来て、次男の幸弘が田植えをしたいと言ったので少しやらせてみました。
【6月9日】
この日は、ちゃめ仕事で特別栽培米の田んぼに補植をしました。一瞬、軽トラが農道の脇の溝にはまりそうになりましたが、波板がたくさんあったのでそれを溝にひいて何とか脱出出来ました。
午前中は茅屋やで飛渡の未来を創る会の打ち合わせをしました。
午後はNPO法人地域おこしのポップコーン畑と、減反している田んぼにトラクターをかけました。カモシカの足らしきものが落ちてました。
夜は十日町でビジネスモデル・デザイナー(R)講座を1級まで受けた人達と一緒に飲みました。コラボして新たな取り組みが出来そうなので楽しみです。
【6月10日】
この日は、午前中は少しゆっくりしてから特別栽培米の田んぼの補植に行きました。
午後は飛渡地区の地域おこし協力隊の藤本さんと佐藤くんが池谷分校に来て打ち合わせをしました。そして12日に巣鴨に持って行ってもらうお米とポップコーンを引き渡しました。
その後、また特別栽培米の田んぼの補植をしました。暗くなるまでかかったのですが、最後の一枚の田んぼの途中で作業を終えました。
戻ってからはZOOMをつないで、ビジネスモデル・デザイナー(R)の打ち合わせに参加しました。
【6月11日】
この日は、ちゃめ仕事で特別栽培米の田んぼの補植を完了しました。
朝は寒くて手がかじかんでペースが遅かったのですが何とか終わってほっとしました。
あとは終日飛渡地区のふれあい大運動会でした。
小学校の運動会と、地区の運動会を一緒にやりました。天気も良く、心地よい疲労感とともに清々しい1日でした。
ラジオ体操では、うちの長男の和正が前に立って見本として体操しました。
昨今組体操を危ないから禁止する学校があるという話を聞いた事があるのですが、飛渡では毎年名物の飛渡の四季というテーマで組体操が行われました。これは子供の運動神経を鍛えるのに良い取り組みだと思いました。
自分が所属する西部チームは今年は3位でした。
夕方からは池谷集会所で慰労会をしました。
集落の人だけだと本音全開で色々よそには出ない話が出て面白かったです。
とは言え自分の親よりも年かさの、80歳を越えるような人生の大先輩から自分も厳しくダメ出しされるわけですが、本当に思われてることを厳しく言われ続けることで、日々成長できるので有り難いと思います。
その後、お酒を飲んでたのでうちのかかに田んぼまで送ってもらい水を入れました。
最後は長男の和正が家を掃除したので偉いと思いました。
【6月12日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの畔の草刈りと中畔の泥上げと無農薬の田んぼの草取りをしました。
その後、終日事務仕事をしました。
夕方になって、管理機の修理が出来たという連絡をもらったので取りに行きました。
夜は飛渡の未来を創る会の総会をしました。
【6月13日】
この日は、早朝に事務仕事をしました。
午前中は里山プロジェクトの会議で、午後は市内のある会社に訪問しました。
その後、池谷集落に戻って馬場君とポップコーン畑のうねたてとマルチはりを管理機で行いました。ところが、管理機にエンジンがかかりづらく、農機具屋さんに出張して来てもらいました。
待っている間ジャガイモの土寄せをしました。
農機具屋さんに見てもらったところ、ガソリンタンクに水が入っていたのが原因でした。今後は同じ症状であれば自分でも見ることができるようになりました。
修理が終わったら畝たてとマルチがけをしました。やり始めると調子が良かったです。
ただ、それまでが手こずったので2うねで終了しました。
その後、田んぼの水管理に行きました。山本さんがいましたので、色々話をしました。
夜は消防団のポンプ操法の練習のホース巻きの手伝いに行きました。
【6月14日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの農道の草刈りをしてから水管理をしました。
その後、新潟県庁に移動し、午前中は新潟県の地域づくりに関する意見交換をしました。
午後は新潟市内で人事評価に関するセミナー開催の打ち合わせをしてから池谷集落に向かって戻りました。
夕方に無農薬の田んぼの草取りをしました。これでまずは1回目が終わりました。
【6月15日】
この日は朝息子を保育園に送るさいに田んぼの水を止めてから、午前中はNPO法人地域おこしの事務局会議をしました。
午後は東京に向かって移動し、夕方からは私がビジネスモデル・デザイナー(R)の認定講師をしている一般社団法人シェアブレイン・ビジネススクールもノミネートされた協会アワード2017の表彰式パーティーに参加しました。
何と、シェアブレイン・ビジネススクールが今回のアワードの大賞を受賞しました。
その後、コンコードエグゼクティブグループの渡辺さんとお会いして飲みました。
宿泊は、池谷集落を長年支援して下さっている増田さんに泊めて頂きました。
【6月16日】
この日は午前中は池谷集落の支援をしてくださっている増田さんと一緒に車で六日町まで向かい、六日町からは軽トラで池谷集落まで戻りました。
午後は、農民連の鈴木さんがいらっしゃって山本さんも含めてお米の販売について打ち合わせをしました。
その後、NPO法人地域おこしの理事会、総会の打ち合わせをしました。
【6月17日】
この日は、午前中は管理機で畑の雑草を退治してから飛渡地区の嘉勝の太一くんから持ってきてもらったネギの苗を植えてから、長男の和正の発明クラブの迎えに行きました。
午後はNPO法人地域おこしの理事会と総会でした。
昨年度は農業部門がかなりの赤字となり、中山間地で事業として稲作を成り立たせる事の難しさが浮き彫りとなりました。
営利企業だと、不採算部門を止めるという選択肢もあるわけですが、池谷の地域おこしは集落の存続で、農地を荒らさないという事は第一目的ですので、農業部門はせめてトントンにし、ほかの仕事で若者の生計を成り立たせる事が短期的には現実的なので今期は黒字転換させたいです。
この赤字のため、近年はほとんど感じた事がなかった精神的ストレスを理事会と総会の前には感じました。
質疑応答でも厳しいご意見も頂きつつも、懇親会で色々本音トークも出来て、前進の機運も見えました。
2次会は津倉さんのお宅に移って語り合いました。最後は津倉さんのお宅に泊まりました。
中山間地で仕事を作り、一家を養いつつ、移住してきた若者が根付く事ができるような状況を作るための挑戦はまだまだ長い道のりになると思いますが、着実に前に進んでますし、色んな形で応援してくださる方々もいますので、諦めずに続けて行きたいと思います。
【6月18日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの草取りをしました。
その後、風呂に入ってから、市役所に行き、地域おこし協力隊世話人情報交換会の準備をしました。
午後は地域おこし協力隊世話人情報交換会でした。貴重な日曜のお昼に時間を割いてお越し頂いた十日町市内各地区の世話人の方々はとても意識が高い方ばかりでした。
地域おこし協力隊が受け入れ地域の中で活動しやすい環境を作っていくという意味では、このように地域の方々と直接お話ができる機会を増やしていく事はとても重要な取り組みであると思います。
【6月19日】
この日は、早朝からパソコンで事務仕事をしました。
午前中は商工会議所に寄ってから、十日町市役所で今年度のインターンシップ事業の打ち合わせをしました。
午後は、十日町商工会議所青年部のまちづくり委員会の服部さんがいらっしゃって、講演会をさせて頂く事になったのですが、その打ち合わせをしました。
その後、池谷分校で事務仕事をしました。
その後、田んぼに水を入れに行きました。
【6月20日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの農道の草刈りをしてから無農薬の田んぼの草取りをしました。
午前中はNPO法人地域おこしの事務局会議でした。
午後は、池谷分校で十日町市の地域おこし協力隊の全体会議が行われました。
夕方は事務仕事をしてからうちのこいのぼりを今更ながら下ろしました。
その後、ジャガイモの土寄せを3列分だけしました。残りは7列です。
【6月21日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの草取りと苗が消えてしまったところへの植え直しをしました。
午前中は新潟県の十日町地域振興局に行き、打ち合わせをしました。
スマホのカメラのレンズの上に貼っていた透明のフィルムがかなりの汚れていたのでお昼に新しいフィルムを買ってレンズの大きさに丸く切って貼り付けました。これで写真がクリアになりました。
午後は飛渡地区の地域おこし協力隊の定例会のあと、食と農を考える飛渡の会の生産者を含めた会があり、その後、食と農を考える飛渡の会の役員会でした。
夜は、「田んぼへ行こう!」の打ち上げで焼き肉を食べました。
【6月22日】
この日は、ちゃめ仕事で田んぼの草取りをしました。NPO法人地域おこしの代表理事の山本さんにユンボで田んぼの上に整備してもらった溜め池にも水が溜まりました。
午前中はNPO法人地域おこしの寄付を増やすための打ち合わせをしました。
午後は事務仕事をしました。
夕方、田んぼに行って水を見てから、夜は消防団のポンプ操法の練習のホース巻きの手伝いに行ったら、指揮者が不在だったので何と、代理で指揮者をする事になりました。
【6月23日】
この日は、ちゃめ仕事で今日の午後から行われる集落の農道の草刈りに参加出来ない分の草刈りを事前にしました。その後、田んぼの草取りをしました。
午前中は糸魚川市役所に向かって移動しました。
午後は糸魚川市役所で地域おこし協力隊のアドバイザー事業でした。
夜は旧北原保育園の親で集まってねこのてで飲みました。
【6月24日】
この日は、早朝に事務仕事をしてから、午前中は池谷集落の共同作業の草刈りでした。ホオノキの葉っぱで昔の子供が作っていた飛行機の作り方を教えてもらいました。
午後は、津南町で開催されたStart up weekendにコーチとして参加しました。
地域で起業したい人のコミュニティがこうしてできていくのはとても良いことだと思いますし、さらに具体的にビジネスモデルを構築するための支援が出来れば今後の展開として面白くなっていくと思います。
夜は松代駅の常春ホールで、HATOCHAライブに参加しました。立ち見が出るほどの超満員で、かなりの大盛り上がりでした。
【6月25日】
この日は、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの草取りをしました。
午前中は入山集落の共同の草刈りをしました。
お昼ご飯の時にうちの家庭菜園で作ったキャベツがいい感じで出来ていたのを食べました。
午後は、津南町の旧三箇小学校で行われていたStart up weekendにコーチとして参加しました。前の日に指摘したところが改善されており、各グループの発表のレベルも高くなっていました。
終了後、Start up weekendの懇親会にも参加しました。
家に戻ってからは共同通信社の原稿を書きました。
【6月26日】
この日は午前中は新潟県庁で、県の地域づくりに関する意見交換会に参加しました。
午後は池谷集落に戻り、池谷分校で事務仕事をしました。
夜は飛渡公民館で、飛渡の未来を創る会のお米販売の打ち合わせに参加し、その後、家に戻ってからZOOMをつないで、ビジネスモデル・デザイナー(R)アワードの打ち合わせをしました。
【6月27日】
この日は、ちゃめ仕事で畑に枝豆を植えてから、ニンニクの芽を摘み、キュウリとなすとピーマンの初収穫をしてから、田んぼの草取りをしました。
午前中はメイワサンピアに向かって移動してから、新潟県の地域おこし協力隊の初任者研修の事前打ち合わせをしました。
午後からは、新潟県の地域おこし協力隊の初任者研修でした。
夜は懇親会でした。2次会も盛り上がり、最終的には午前3時まで飲みました。
【6月28日】
この日は、メイワサンピアで朝風呂に入ってから、午前中は新潟県の地域おこし協力隊の初任者研修でした。
その後、昼食をとりながら反省会を行いました。
午後は移動して池谷分校に戻ってから、事務仕事をしました。
夜は飛渡地区で蛍鑑賞会に参加しました。
ゲンジボタルも、ヘイケボタルもいました。山ぎわにゲンジボタルが生息し、田んぼにヘイケボタルが生息しているそうです。
ヘイケボタルは数が少なくなっており、絶滅危惧種になる手前にきているそうですが、何とか守っていけるといいなと思います。
【6月29日】
この日は、早朝に事務仕事をしてから、午前中は里山プロジェクトの会議でした。
午後はほんやら洞でまちづくりに関して打ち合わせをしました。その際に、バッタリと井口先生のご両親とお会いしました。
その後、池谷分校で事務仕事をしました。
【6月30日】
この日は、早朝からパソコンの作業をしたあと、ちゃめ仕事で無農薬の田んぼの草取りをしました。
一昨日に池谷集落の入り口辺りで熊が出没したという情報が回ったので熊注意の看板が立ってました。
昼間は終日池谷分校で事務仕事をしました。
夜は飛渡公民館で濃実会の総会に参加しました。7月30日に川遊びの会があるのでその打ち合わせと飲み会でした。
The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)