2月27日(土)池谷集落お米会議


2月27日(土)は集落でお米会議を行いました。
目的はお米の増販です。

今回の会議ではお米を増販するために、商品力向上のために
今年の作付けについてどのようにするのかを決めました。

以下のような進行で進めました。
地域おこし協力隊のブログ-お米会議1

会議の際のルールとして以下の3点をあげました。
地域おこし協力隊のブログ-お米会議2

色々と話し合い、22年度の作付け以外にも21年度のお米の販売についての話しも
行った方がよいという話になったため、予定していた終了時刻を延長して販売についての話も行いました。

22年度の作付けについては以下の事を決定しました。
・入山の2反の田んぼでは完全無農薬・無化学肥料のはざかけ米を従来のコシヒカリで作る
・それ以外の田んぼではBLをこれまで通り特別栽培米基準を満たす作り方で作る
・上記について栽培履歴をとり、役所にいつでも提出できるような状態にする

21年度のお米販売については集落の方で新しく行う事として以下の事を決定しました。
・特別栽培米基準よりも少ない農薬で作っているので、これをきちんと消費者に伝わるようにする
・試験的にネットオークションでの販売も行う

また、今後のために以下を村の方とも共有できるようにしようという話も出てきました。
・顧客管理
・お米販売の損益計算

次の週末は3月6~7日にかけてお米以外も含めた集落の将来像を話し合うワークショップを行います。
次のワークショップで方針を決めたらあとは具体的に行動あるのみです。

とは言っても、無理をしすぎず継続的に集落を発展させていく事が重要ですので、
出来るところから一歩一歩確実に実行していけるようにしたいと思います。

地域おこし協力隊のブログ-商品ラインナップについて  地域おこし協力隊のブログ-作付けについて  地域おこし協力隊のブログ-有機について

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)