畑にジャガイモを植える


17日に畑を使えるようにしていただいたので、いよいよ最初の作物のジャガイモを植えました。

橋場さんに手ほどきを受けました。

まずは植えるための溝を掘っていきます。
まっすぐ掘るために長いロープを横に張って目印にしつつ鍬で掘っていきます。
地域おこし協力隊のブログ

この溝の間隔は90cmにしました。
地域おこし協力隊のブログ

次に鶏糞をしっかりとまきます。
ジャガイモは肥料をたっぷりやった方が良いそうです。

地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ

その次はあいづちといって肥料の上から土をかぶせます。
こうしないと肥料が強すぎて根っこに直接触れると根っこが腐ってしまうそうです。

地域おこし協力隊のブログ

また畑の苦労がえしといって畑の端を平らにする作業もしました。
初めての畑ではこうやっておくとよいそうです。

畑の準備が出来たら家の庭に埋めていた種イモを取り出します。
地域おこし協力隊のブログ

取り出して見ると結構芽が出ていていい感じです。

地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ

沢山あります。
地域おこし協力隊のブログ

庭の土にはクワガタの幼虫らしきものやミミズもいて良い環境なのかもしれません。

種イモを40~50cm間をあけて植えます。
地域おこし協力隊のブログ

本などには30cmと書いていましたが

「ここは畑が広いので大きく取ったらいいよ」

と言われました。

さて、この先どのように育ってくれるのか、非常に楽しみです。

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)