3月29日(月)~30日(火)佐渡で牛の見学


3月29日~30日は1泊2日で佐渡で牛の見学をしました。

籾山さんと2名で行きました。

宿やレンタカーの手配も全て籾山さんが行って下さいました。ありがとうございました。

朝4時に起きて新潟港まで向かいました。

新潟港から両津港までフェリーで行きました。

フェリーでは雑魚寝です。約2時間ぐらいでしたので、朝早かったですがフェリーでぐっすり眠れました。
地域おこし協力隊のブログ

いよいよ佐渡が近づいてきました。
地域おこし協力隊のブログ

両津港からはレンタカーで移動しました。

今回は和牛の繁殖農家の方を何軒か見学させていただきました。

自身も和牛の繁殖をしていらっしゃる村川様にご案内をしていただきました。

地域おこし協力隊のブログ
電気牧柵で囲って放牧をしています。

地域おこし協力隊のブログ
地域おこし協力隊のブログ

雨水を貯めこんで上手く活用するための装置です。

地域おこし協力隊のブログ 地域おこし協力隊のブログ

ここで牛は水を飲みます。

地域おこし協力隊のブログ

電気牧柵のための機材も色々ご紹介頂きました。

ソーラーパネルです。これで充電して電気を流します。

地域おこし協力隊のブログ

ここから緑の線と赤い線を伝わって電気が流れていきます。
地域おこし協力隊のブログ

緑の線と赤い線をそれぞれ上段と下段につなぎます。
地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ

角はこのような形になっていて、黄色い部分に触れて柵の開閉ができます。
地域おこし協力隊のブログ

これは昔の牛を飼っていた写真です。

趣があります。
地域おこし協力隊のブログ

続いて山羊も見せて頂きました。
地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ
地域おこし協力隊のブログ

村川さんのところを見せて頂いた後、村川さんは別の方を色々回って連れて行って下さいました。

親牛と子牛です。

地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ

佐渡の方は大体牛は角を生やしたまま飼っている方が多いです。

この後も村川さんに色々連れて行って頂きました。

驚いた事に80歳を超えるおばあちゃんまでもが牛を飼っていました。

佐渡では繁殖牛が盛んで、島でも力を入れている産業の一つです。

佐渡が力を入れているもう一つの産業はおけさガキです。

地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ
木があまり上に伸びないように横に伸びるように枝におもりをつけています。

1日目は夜村川さんと佐渡農業普及指導センターの遠田さんと一緒に食事をしながら飲みました。

2日目は籾山さんと2人で佐渡の北の方をまわりました。

放牧場があったのでそこを見ました。(牛はいませんでしたが・・・)

海の見える放牧場です。
地域おこし協力隊のブログ  地域おこし協力隊のブログ
地域おこし協力隊のブログ

牛の糞が沢山落ちていましたので、いくつか持って帰りました。

いい肥料になると思います。

(早速家の裏の畑に活用させていただきました。)

【おまけ】

佐渡には「多田」という地名があります。

私は名字が多田(ただ)ですので、同じだと思っていたのですが、

佐渡では「ただ」とは読まず、「おおだ」と読むようです。

地域おこし協力隊のブログ

地域おこし協力隊のブログ
地域おこし協力隊のブログ

The following two tabs change content below.
多田朋孔

多田朋孔

自然に囲まれながら、半分自給自足に挑戦しています
多田朋孔

最新記事 by 多田朋孔 (全て見る)