多田朋孔

ボブファーム、それは僕が見た光、それはふれあいの心…。

ボブファーム、それは僕が見た光、それはふれあいの心…。
なんか、どこかで聞いたことあるようなタイトルですが…(笑)。 前回は農地取得に関して書かせていただきました。 前回の記事はこちら → 農家?その名も開墾者!就農や農地取得への苦労…。 今回は就農1年目、2年目にお世話になっていた(今でもお世話になっています。)、ボブファームさんでの研修について紹介させ…

農業って儲かるの?安定収入?それとも博打?その魅力とは?

農業って儲かるの?安定収入?それとも博打?その魅力とは?
初めまして、飛渡地区で野菜農家を営んでいる池田太一と申します。 いきなり変なタイトルで始まりましたが、ここでは私の自己紹介をさせていただきたいと思います。 農業って儲かるの? 私が「農家になる」と周りの方々に宣告した時、よく言われたのが上記のような言葉です。 私の周りの方々が農業に抱いて…

土詰め

NO IMAGE
種もみの準備ができたらいよいよすじまきが始まります。すじまきというのは苗を作るために種をまく事です。そのすじまきに先立って苗箱に土を詰める作業があります。今回は土詰めの作業について書いてみたいと思います。去年までは土詰めは全部手作業で行っていましたが、今年は苗箱の数が増えたので機械を使って土詰めを行いました。下の写真の…

浸種~催芽~芽止め

NO IMAGE
田んぼの作業では最初に種もみの準備として、塩水選を行います。その後、浸種⇒催芽⇒芽止めを行います。今回の記事では浸種~催芽~芽止めについて書いてみたいと思います。【浸種】塩水選の記事でも書いたのですが、選別した種もみを水に浸けて積算温度100℃になるまで待ちます。積算温度というのは例えば10℃の水に10日間つけると、1…

紫稲の穂が出ました

NO IMAGE
田んぼアート用の紫稲をうちの前のテキトー農法のミニ田んぼに植えていたのですが、稲刈りも始まろうという9月半ばになってようやく穂が出ました。平場ではすでに稲刈りが始まっており、山地の我々もそろそろ今週末ぐらいから稲刈りを始める予定の時期です。こちらは9月12日の様子です。続いて9月16日の様子です。ここで取れた紫稲を来年…

5月24日田植え機が転倒するも田植え完了

NO IMAGE
昨日、十日町市地域おこし実行委員会で作付けする分の田植え機での田植えが完了しました。(無農薬の田んぼは翌週の田んぼへ行こう!のイベントで手植えをします)田植え中、アクシデントが発生しました。長期インターンのIさんに練習という事で田植え機に乗って頂いていたのですが、私が違う田んぼに苗運びをしていた時に、田植え機を転倒させ…

5月18日夏どり玉ねぎの試験栽培

NO IMAGE
本日、春植えて夏に収穫できる玉ねぎの試験栽培を開始しました。先日、苗を知人の農家から頂き、「植えてみたらどうですか?」というお話を頂いたので、ようやく何とか植える時間がとれました。植えた品種と本数は「北もみじ」50本と、「ポールスター」116本でした。半分は米ぬかを混ぜてみてどういう差が出るかも実験しております。米ぬか…